So-net無料ブログ作成

北欧旅行記⑦ - 今夜がラストチャンス その一 - [Scandinavia]

トロムソ滞在最終日

すなわち、オーロラもラストチャンスです

P1020129.JPG

AM7:30

もう朝なのに、まだ満月と夜景(朝景?)が綺麗

本日の予定は、昼間「犬ぞりツアー」夜は待望の「オーロラウォッチングツアー」

P1020130.JPG

 AM10:30

ピンク色の朝焼けだよ~[かわいい]

ピンクの空を眺めてると、今日一日、なんだかいいことがありそうな予感がしてきましたよ[グッド(上向き矢印)]

こんなに綺麗な空だったら、今夜こそ見えるでしょ?ね?ね?ね?

朝食時に、前日「オーロラウォッチングツアー」に参加したご夫婦とお話しました

昨夜はやはり、オーロラは見られなかったそうです

ツアーの案内人の方は「今日は薄い雲がでていて見られなかったけど、明日(つまり今夜)なら90%以上の確率で見えると思うよ」と言っていたそうです

ご夫婦も「今日は良い天気になりそうだから、きっと見られますよ!」と応援してくださいました

と、そこに添乗員のO嬢が...

「nori様、午前中の「犬ぞりツアー」なのですが、

雪不足の為、不催行になりました...

替わりに犬舎の見学ツアーへ振り替えますか?それともキャンセルされますか?」

え”~~っ!ゆ、雪不足ぅ~?![がく~(落胆した顔)]

そうなんです、たしかに市内観光中も、人が立ち入らないようなところは白くなっていたけど、雪で足元が大変だったってことはなかったです(まだ11月末だったからかなー?)

ないんだ?雪

山ん中も...

お金払ってまで犬小屋見てもしょうがないので犬ぞりツアーはキャンセルしました

あわてて、ロビーに置いてある観光案内やパンフレットをあさっていたら

P1020523.JPG
北極圏動物園?
なにここ?面白そう[かわいい]
色々な動物と直接触れ合えるみたいです

 
P1020524.JPG
特にワタシが注目したアトラクション

オオカミさんがほっぺをぺろぺろしてくれるんですってよ!おくさん!


ぎゃー!ここ行きたい!むしろ犬ぞりよりこっちのほうが面白そう!!

添乗員Oさん!犬ぞりダメなら、ここに行きたいですっ!

フロントのお姉さんに確認してくれたO嬢曰く

トロムソから車で数時間の場所にあるので、オーロラツアーの方に間に合わないかもしれないとのこと

むむ~っ!残念っ![ふらふら]

 
市内観光は昨日でだいたい見ちゃったし、ホテルから市内バスで中心街に出るのも面倒だから、ホテルの目の前にあるショッピングセンターで過ごすことにしました
P1020144.JPG
Jekta Storsenter
11月にオープンした出来たてホヤホヤの巨大ショッピングセンター
かなり広そうなので、ここで時間つぶせるかな?

 
P1020146.JPG
回転すし発見!


 
P1020145.JPG
人が握ってるのか、ロボットなのかは不明

服や靴はみんな大きすぎてダメでしたが(しかも衣類は税率が高い)、かわいい雑貨屋さんもたくさんあって、見てるだけでも楽しい[るんるん]

あ、これ日本のf〇anfranとかで見たことある!ってゆーのもたまにあり

バイヤーさん達はこういうところで見つけてくるのかな?


ぐる~っと一回りしていささか疲れたので、ベンチに座って目の前を通り過ぎる現地の人々をぼけ~っと観察...

この数日の滞在で思ってたことだけど、こちらの方々はホント

老若男女問わず美しいっ![ぴかぴか(新しい)]

なんでこんなに長身、スレンダー、目鼻立ちくっきりの美系だらけなの?!

 
赤ちゃんもキッズも美少女、美少年!


こんだけ周りが整った人ばっかりの環境だったら逆に、背がちっこくて顔ものっぺりなニホンジンを可愛いと思ってくださる珍種好きがいるかもしれない?


誰か~...そんな奇特な殿方知りませんかー?



と、叫びたい衝動に駆られたけど、ぼそっと日本語でつぶやくだけにとどめる...

 
P1020152.JPG
13:30
今日は一日中ピンクな空でした

さて、一度ホテルに戻ってオーロラツアーの準備をしますか...

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

北欧旅行記⑥ - トロムソ市内観光 その三 - [Scandinavia]

P1020088.JPG
街はすっかりクリスマスムードです
この暗さでまだ午後の2時

P1020083.JPG
この道がトロムソで一番古い通りなのだそうです

P1020086.JPG
可愛いお花屋さん




トロムソ中心街から10分ほどの外れに北極圏水族館(ポラリア)があります
が、簡単な道のハズなのに迷子になるのがワタシら母娘...

P1020090.JPG
北極圏水族館(POLARIA)
四角い箱がドミノ倒しみたくなっているのは、流氷をイメージしているそうです

あれ?北極教会の外壁もそんなこと言ってなかったっけ?


ここのメインイベントは5面の巨大スクリーンを使った「ポラリアパノラマ」とアザラシの餌付けです

「あと数分で、ポラリアパノラマがはじまりますよ」と館内のお姉さんが教えてくれたので、まずはそちらへ

上映内容はスヴァルバール諸島の自然を紹介する映像など何種類かあるようですが、時節柄か、私達の観た回はオーロラ発生の仕組みの解説や様々な色や形のオーロラの映像集でした

ほぼ貸切状態でど真ん中の席で大画面を見たからか、軽い船酔い状態になりながら館内を見学

P1020092.JPG
”極地歩き”のセクション
人が近づくと吹雪の音や風が吹く(しょぼい...)

 
P1020091.JPG
この白クマは写真に撮った方がリアルだなぁ(動きません)


北海の魚コーナー
P1020098.JPG
オオカミウオ
コワカワイイ[かわいい]


P1020102.JPG
これはオヒョウかな?
でっかいカレイ


P1020104.JPG
地味だけどなんか愛嬌がある冷たい海のお魚達
ノルウェー沿岸から北極圏の海の生態を展示しているので、熱帯魚のようなカラフルなお魚さんは一匹もいません

餌付けショーは一日2回しかやらないので、事前に時間を調べてから言った方がいいとは聞いていたけど、やっぱりもう終わってました[たらーっ(汗)]
P1020105.JPG
もうおなかいっぱいなのね?


P1020109.JPG

日本のテレビ局が取材に来た時に女性レポーターが名付けたそうデス


P1020116.JPG
水族館から出たらさらに真っ暗
しつこいようですが、これで午後3時デス
もはや夕景を通りこして夜景[三日月]

 
ビール党じゃないので、午前中のガイドさんの話をちゃんと聞いていなかったのですが、世界最北のビール醸造所「マックビール醸造所」はポラリアのすぐ近くにあります。てか、ありました
ちょうどこの年の6月にトロムソ郊外に工場ごとお引っ越ししてしまったんですって

でも旧工場に併設されたパブはまだ営業していました

P1020113.JPG
 このでっかいタンクにビールがいっぱい入ってるのかな?

 
暗闇の中に見える大きな元ビール工場は、古いレンガ造りで趣のある建物でした(写真撮り忘れた...)

 
P1020126.JPG
一応お土産に買ってみた


さらに街歩をしていて思ったのですが、こちらの方々はホント、灯りの使い方がうまいですよね
お店の入口には必ずといっていいほど、灯りがともっています
クリスマスシーズンだから?冬場だけ?

P1020123.JPG
ランタン型が多かったかな

P1020122.JPG
シンプルなキャンドル


P1020119.JPG
置いてあるだけでオシャレだなー

帰りはホテルまで市バスに乗って帰ったのですが、道中に見えるおうちの窓辺は、ステキなキャンドルやライトが灯っていました

日本で見るような電飾のデコレーションじゃなくて、もっとシンプル、でもすごくセンス良く知的に感じます

不思議なのは、窓辺の奥に見えるおうちの中はスッキリなんにも見当たらないのです

壁にさえカレンダーとかポスターとかペナントとか貼られてない!
日本でも北欧ブームで、北欧=オシャレな雑貨みたいなイメージがあるのですが、実際、トロムソの街のお店にもたくさんカワイイ雑貨が売っているのに、こちらの方のおうちの中は、さっぱりおしゃれにシンプルライフ
 
それとも外から見える部屋には何も置いていないケド、その他のお部屋はごちゃ~っと雑貨であふれかえっているのかしら?
たくさんある雑貨の中から厳選したものしか買わない飾らないってことなんだろうけど
たぶん先祖代々DNAに脈々と受け継がれている北欧センス...(なんだそりゃ)
見習いたいです

ガラクタだらけの私の部屋を...同じようにできるか?捨てられるか?......ムリ~...[バッド(下向き矢印)]



今回泊まったホテルは、ホテルからでもオーロラが見られるっていうのがウリだそうなので、部屋に帰って、ラーメン食べてから、カメラと懐中電灯を持ってホテルの周りをまわってみました

P1020148.JPG

スカンディックホテル・トロムソ
昼間撮った写真

このツアーは、ここかトロムソ中心街にあるホテル(たぶんお昼を食べたところの正面というか、レストランもそのホテルの経営だと思う)のどちらかだったようです


空港からは貸切送迎バスで5分くらいでつきましたが、今日行った中心街まで行くには市バスで2~30分かかります


すぐ正面には大きなショッピングモールがあるし、空港も近いし、ホントに見えるのかな?

周りが暗くなっているところを探して、空を見上げてみる


うーん...肉眼ではなんにも見えないけど...薄く雲がかかってるような...?

念のため雪道に三脚を立てて、星空モードで何枚か空をとってみたけど、グレーの空(星空モードだと肉眼で見るより少し明るく映るみたい)ばかり...


今日もダメってことは、明日がラストチャンスだよ...?


だ、大丈夫だよね?だって、なんてったって今年は98%の高確率の年だよ!?

明日こそ見られるよね?ね?ね?


 

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

北欧旅行記⑤ - トロムソ市内観光 その二 - [Scandinavia]

P1020002.JPG
1837年から波止場にある北極圏博物館(Polarmuseet)


P1020072.JPG
北極狩猟や北極探検の拠点としてのトロムソの歴史を展示しています

P1020071.JPG
捕鯨砲(火薬で銛を発射)
ノルウェー人が発明したそうです

P1010999.JPG
ミサイルみたい


P1020004.JPG
当時の狩猟風景
本物のヒトかと思ったくらいリアルな方々


P1020014.JPG
つっかえ棒が倒れると石の乗った木枠が落ちてくるワナ
仕掛けが単純すぎやしませんか...?


P1020041.JPG
白クマくんが箱のそばに近づいて...「おや?なにかな?」

P1020043.JPG
「あっ!食べ物だ!」

P1020044.JPG

2のエサを白くまくんが取ろうとすると→3のヒモが引っ張られ→1の銃の引き金が...ズドンッ!!
って、ホントにこんなので捕まえられるのかなぁ...?


P1020027.JPG
探検家ロアール・アムンセン
1911年12月14日に探検隊を率いて人類史上初めて南極点への到達に成功。また、1926年には飛行船で北極点へ到達し、同行者のオスカー・ウィスチングと共に人類史上初めて両極点への到達を果たした人物
トロムソから北極へと飛行して帰らぬ人となっており、彼に関する展示も多いです

P1020028.JPG
極地仕様に進化した眉毛...?(ウソ)


P1020030.JPG
当時はあまりあったかそうな装備じゃなかったんだね


P1020033.JPG
1911年12月14日人類初の南極点到達を果たした時の犬ぞりで使ったイヌの剥製
他の剥製と違ってなんかやたら顔が怖いよ...

P1020047.JPG
 館内案内パンフレットの表紙も飾っていたちび白くまちゃん

立派なカメラで写真を撮っているおじいちゃんがいました

邪魔にならないようによけようとしたら「いやいや、そのままそこに居てください」と言われ、アザラシの剥製とかと一緒にフレームイン
おじいちゃんにとっては、セイウチの骨格標本もアジア人も一緒くたに珍品なのかな?

スウェーデンからいらしたおじいちゃん、何をしにこちらに来たのか聞かれたので「オーロラを見に来ました」と言ったら「あぁ、ワタシもそうですー、3日前に一度見ることができましたよ。ラッキーでしたー」
とのこと

3日前といったら、私たちがこちらに来る前日かな?

「ラッキー」って、今年はしょっちゅう見れるんじゃないの?

ちょっと不安になってきたぞ...

P1020058.JPG
 ギフトショップで売っていたステキなアザラシの毛皮のコート
高い...


P1020061.JPG
オメガ3
北欧の冬は太陽の光を浴びることが少ないので、ビタミンが不足しがちになり、髪が抜けたり、時には鬱状態になることもあるので、常備薬としてどの家庭にも置いてあるそうです


P1020062.JPG
売ってたポスター
こんなのが見られるのかなぁ...わくわく[グッド(上向き矢印)]


市内観光には、昼食も含まれていました

P1020082.JPG
なかなかオシャレなレストラン


P1020079.JPG

まずはやっぱりサーモンですね!

P1020080.JPG

タラのなんとかかんとか(笑)

P1020081.JPG
イチゴのムース

ここが今回の旅行で唯一行ったレストランです

朝食はホテルのビュッフェがあったし、夕食は日本から持ってきたラーメンを食べてました
日本に帰ってきて「向こうで何食べたの?」ってよく聞かれるのですが「えーっと...1日目はラ王でー、2日目はもやしラーメンでしょ?んでもって3日目はー...」なんて言うとみんな一様に呆れてました(笑)

食後は各自で自由行動

私達は市街地をぶらぶらしながら、水族館へ向かいました

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

北欧旅行記④ - トロムソ市内観光 その一 - [Scandinavia]

2日目の午前中はツアーにもともと付いてたトロムソ観光

P1010957.JPG
ホテルの部屋より(朝8時頃)
11月下旬から1月中旬までの北欧は「極夜」といって、日照時間がとても少ないって聞いてはいたけど、ホントになかなか明るくならない

10時頃に貸切バスでホテルを出発

現地在住の日本人ガイドさんが、案内してくれました

トロムソはほぼ北緯70度の北極圏、さらにオーロラベルトに位置する都市ですが、かつては北極探検に向かう冒険形の拠点として、今では世界最北の大学と1万人の学生を擁する街として栄えています。

北極圏に入って350 kmほどの所にある小さなトロムス島(Tromsøya)を中心とし、西側の島々と東側の本土とを合わせた地域を管轄する自治体(Kommune)である。自治体としてはKarlsøy(北東)・Lyngen(東)・Storfjord(南東)・Balsfjord(南)と接しており海を挟んでLenvik(南西)に面している。(Wikiより)

まずは、トロムソ大学の広大な敷地内に(勝手に入って?)対岸の絶景を見る!
P1010965.JPG
 トロムソ橋(1016m)
 トロムソ橋を渡ってすぐのところに北極教会(トロムスダーレン教会)が見えます

P1020075.JPG
山頂からトロムソや周囲の島々の絶景が一望できるそうです(生憎、この日は運休日でした)


P1010975.JPG
 キャンパスにあった鳥の巣マンション
この木だけに集中してるのはナゼなのかしら...?

P1010976.JPG
たぶん小学校
シルバニ〇ファミリーのおうちみたいで可愛い[かわいい]

P1010981.JPG
 トロムソ橋を渡って対岸へ

 
P1010979.JPG
北極の自然をモチーフに1965年建立された「北極海の聖堂」と呼ばれる教会
ステンドグラスが有名なのですが、冬季は16時開館で中には入れず...

P1010986.JPG
横から見た教会
 白くて四角い連なりは、流氷をイメージしているのだそうです

P1010983.JPG
教会側から見た市内中心部 
 港町ってかんじだねー

 
P1010978.JPG
トロムソ大学キャンパスのそばにあるスキージャンプ台

P1010988.JPG
再び橋を渡って中心街へ

P1010977.JPG
1861年に建てられた世界最北の聖堂。ノルウェーで唯一木造の大聖堂

P1010992.JPG
 観光案内所で買えます
左がオーロラ観測証明書、右が北極圏到達証明書
 日付と名前を入れてくれます
が、オーロラまだ見てないのに買ったらダメじゃんと思って買わない正直者なワタシ

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

北欧旅行記③ -アクシデントも旅行の妙味- [Scandinavia]

今日の予定はスカンジナビア航空で成田12:30→コペンハーゲン→オスロ→トロムソ21:40へ向かいます

ちょっと早目に集合場所へ行くと、同じツアーの方達がすでに集まっていました

若い女性の添乗員さんは、挨拶もそこそこになんだか焦っている様子

なんと、私達の乗るはずだった飛行機が、機材故障のために欠航してしまったのだそうです[がく~(落胆した顔)]

急遽スイス航空に振替えになったのですが、もう搭乗手続きが始まっているんですって!

でもまだ連絡が取れない方がいるそうで、そりゃぁ添乗員さんもやきもきしますわな

数分後に全員集合、ざっと状況説明したあとは走る!

とにかく走る[ダッシュ(走り出すさま)]

あぁ~..唯一楽しみにしていた免税店が通りすぎていく~[もうやだ~(悲しい顔)]

座席はバラバラな配置 ま、しょーがないよね

私の隣に座った若い女性は、スイスからイタリア、フランスへ一人旅するのだそうです

うわー、行動力あるねー あこがれちゃうけどワタシは無理だなー

え?ワタシですか?オーロラ見に行くんですー

今年は高確率で見られるらしいから、飛行機の上からも見られたらいいですねー

なーんて、長時間フライトでも楽しく過ごせそうです[かわいい]

スイス航空は私達が乗る予定だったスカンジナビア航空よりもランクが上の航空会社だそうで、食べ物とかサービスも良いんですって

デンマークとノルウェーの他にスイスにも(空港だけだけど)行けちゃうしね

って、旅行初日からトラブルなんて嫌だなーって考えるよりも、ラッキー♪ってポジティブに考える方がいいよね

成田から十数時間、やっとスイスに到着

でも、生憎の曇り空で想像してたような「アルプスの絶景」は見られず、灰色の空と盆地が見えるだけ

お隣の女性と「成田と変わんない景色だね...」とちょっと拍子抜け

オスロ行きの乗り継ぎも急ぎ足で空港内を通過、ここからはスカンジナビア航空で約1時間半位のフライト

オスロに着いたものの、本来乗る予定だったトロムソ行きにはあとちょっとの差で乗れず[バッド(下向き矢印)]

P1010955.JPG
 オスロ空港
喉が渇いたからジュースでも買おうかと、売店に行ったら果汁が完全に沈澱しちゃってる「フレッシュジュース」が約1,000円!!
 
噂通り、物価高っ![がく~(落胆した顔)]
 
機内で出たお水持ってきてよかった~
 
それから2時間、水をちびちびやりながらぼけ~っと過ごす
 
そして24時過ぎ
 
ようやく着いたよトロムソ!
 
ホテルからもオーロラが見られるって書いてあったけど、今夜は出てない模様
 
オーロラチャンスは3回
 
あと2回チャンスはあるから、まあ大丈夫でしょう
 
とりあえず、今日はもう寝よう...[眠い(睡眠)]

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

北欧旅行記② -何を持ってけばいいのやら...- [Scandinavia]

お久しぶりです...

2ヶ月ほったらかしてたら、春真っ只中になっつまいました[たらーっ(汗)]

いまさら、オーロラ話もどうかとも思うのですが、途中でやめるのもすわりが悪いので続けます、いえ続けさせてください(^_^;)


スキー旅行以外にわざわざ寒いところになんか行ったことがないので、どんな装備をもっていけばいいのか、さっぱりわかりません

旅行のパンフレットには「気候は北海道と似ているので、さっ〇ろ雪祭りに行くような服装が良いでしょう」って書いてあるんだけど、これってわかり易そうでよくわかんないアドバイスだよなあ

だって行ったことないもん「北海道」も「雪祭り」も

とりあえずホッカイロでしょ?

インナー類や羽織物はユ〇クロにお世話になって、アウトレットモールで防水加工付きのスノーブーツ(←これは今冬大活躍!良い買い物でした[かわいい])を購入

北欧方面へ行かれた方のブログをみると、みんな口をそろえて「物価が高い!」って言っているので、夕食用のカップヌードルと部屋にポットがない場合があるということで、トラベルケトルも買っつまいました

カメラももっと感度のいいやつに買い換えようかと思ったんだけど、私のカメラには「星空モード」なるものが搭載されているので、何とかなりそうです

でも、寒いところではバッテリーの消耗が早いそうなので予備バッテリーは買わなくちゃ

外で写真を撮ったあとは、室内との温度差で結露が発生してカメラが壊れてしまうことがあるので、密封用にジップロックもってくといいんだって

あ、三脚は必須らしいのでもってかなきゃ(小型サイズでもかさばるし、重いなぁ)

ただでさえ荷物が多くなりそうなのに、ママンが「もしかして必要かもしれない」と、必要以上の衣類やらなにやらをスーツケースにぽいぽい入れてしまうので、その攻防戦も大変(笑)

そんなこんなで、特大スーツケース2個の出来上がり~

出発前夜、今回お世話になる添乗員さんから、ご挨拶の電話がありました

そうなのです、今回の旅行は添乗員さんも同行してくれるのです

添乗員さんが付く旅行って、修学旅行か景気が良かった頃の社員旅行くらいしか経験がないから、楽しみだなー

でも、オプショナルツアーのことを聞きたくて「現地で添乗員さんにお願いすれば大丈夫ですか」みたいなメールをH〇Sの担当者さんへ送ったら「絶対添乗員がやってくれますとは言えない部分がございますので、曖昧な回答で申し訳ございませんが宜しくお願い致します...」というお返事だったので、飛行機の乗り継ぎやホテルの手配以外はあまり過度に期待し過ぎないほうがいいのかも?

電話の声からすると、どうやら女性の添乗員さんのようです

若い方なのかなー?それともベテランさんかなー?やっぱり楽しみ[るんるん]

 

 


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

北欧旅行記① - 南半球に行くつもりが... - [Scandinavia]

昨年の11月末に4泊6日でノルウェー&コペンハーゲンへ行きました

また沖縄旅行記同様、ぼちぼち書いていこうと思いますので、よろしくお付き合いくださいませ[わーい(嬉しい顔)]



そもそも、最初はオーストラリアのケアンズに行くつもりだったのです

ここ数年「オーストラリア行ったことない~連れてけ~」とママンがしつこいので、んじゃケアンズなら社員旅行で一度行ったことあるし、もう一度行ってもいいなと思った土地だからいっちょ行ってみるべ?ってことになりまして

今までは友人・知人に誘われて行く旅行ばかりだったので、自分でツアーを探すことすら初めての経験...

ネットで検索すると、素人目にも「これは、けっこう安いんじゃない?」と思われるツアーが出てくるんだけど、はたして知らない名前の旅行会社でも大丈夫なのかしら?

お友達にメールで相談したところ「だったら、近ツリとかHISにしたら?」という回答が多かったので、そこらへんで検索して見つけた「エアーズロック1泊→ ケアンズ3泊→ シドニー半日観光プラン」

「シドニー半日観光いらないからケアンズ4泊のツアーにならないですか?」って交渉しに直接お店に行ったら、規定のコースを変更することはできないけれど、似たようなコースのツアーを探して、希望するオプションを付ける等でご希望に近いプランにならできますよとのこと

あーでもないこーでもないとやってるうちに、このプランならいいんじゃない?っていうのがいくつか出てきたので飛行機の状況等を確認してもらうと、出発希望日だけ飛行機が取れず...[バッド(下向き矢印)]

いつもなら空いているシーズンのハズなんだけど、出発希望日の前の週に現地で日食があるっつーんで、世界中から人が集まっているんだそうです(後日、ニュースでケアンズに4万人来たってやってた)


え~...かれこれ2時間近くお店にいて、また一から考え直し~?[ふらふら](てか、お水もだしてくれないのねん...)

オーストラリア以外で行ってみたいところ?

んな、急に言われてもなぁー...

一度は見てみたいもの?

う~ん...オーロラ?クジラ? 

と、頭に思い浮かぶものをテキトーにつぶやいていたところ、担当のお兄さんが急に張り切りだしまして「一度はオーロラが見たいと思っていらっしゃるなら、今年こそその時です!!」「実は昨年と今年はオーロラの11年に一度の当たり年なのですよ!!なんと98%の高確率ですっ!!!」とおっしゃいました

98%の確率でみられるんだったら、いいかもね

で、どこに行けば見られるのかしら?

オーロラの観測で有名な国といえば、カナダのイエローナイフとかも有名ですが、あちらはマイナス20度以下で、観測時間帯も深夜から明け方、その点北欧は平均気温が北海道と同じくらい、観測時間帯も暗くなってから深夜2時頃と体に優しそう。しかもホテルの敷地内や徒歩圏内で見られるのだそうです

寒いの苦手な私達は、北欧方面を希望

私達が行きたい期間のフィンランドはム―ミン谷博物館は休館中、モイモイ号(オーロラハンティングバス)もまだ運行していないので、ノルウェー(トロムソ)3泊&コペンハーゲン1泊の「北欧オーロラ物語6日間」ってやつに決定

もうなんだか疲れちゃって、あまりよく考えずにパタパタパタっと決めちゃったんだけど大丈夫かワタシ?

ノルウェーと言われて思いつくのは「サーモン」と「a-ha」くらいしかないんだけど...

今更ながら、不安だ...[たらーっ(汗)]


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

あけおめ ことにょろ

あけましておめでとうございます

毎年恒例「年末年始ぶっ通し勤務(今年は15日間)」が急きょ1月2日だけ休みになりました(らっきー♪)

てことで、家から歩いて亀戸天神へ初詣に行ってきました

途中でおまわりさんに道を聞きながら、歩くこと40分

参道に入る前から入場制限の列(シングルライダーとかファストパスサービスがあればいいのにね(笑))

CA3C0674.JPG

太鼓橋からもツリーが見えます

待ってるあいだに中学受験時にお札を貰ったのに、お礼参りをしてなかったことを思い出した

やばい!まず先にそのことを神様に謝んなきゃ...[たらーっ(汗)]

 
CA3C0675.JPG
お賽銭を握りしめながら行儀よく待つべし...


三が日中に初詣へ行くのなんて何年ぶりだろう?

つかの間の休日だったけど、なんかスッキリした気分になりました[ぴかぴか(新しい)]

なかなか更新しないダメダメブログですが、本年もよろしくお付き合いくださいませ[わーい(嬉しい顔)]



nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ふゆみやび [Friends]

 いつも職場から眺めているスカ〇ツリーにやっと行くことができました

P1020479.JPG
紫色だから、今日は「雅みやび」の日だね

はるばるイギリスから今年も帰ってきたTちゃんが招待してくれました(サンキューTちゃん[キスマーク]


4機のエレベーターで展望台までビューんと上がるのですが、そこに行くまでにも長い列...

P1020445.JPG
エレベーター前
雅の日だから、天井も紫色なのかな?

 
エレベーターの正式名称は『展望シャトル』

それぞれ春夏秋冬をイメージしたつくりになっていて「お客様が乗られるシャトルは、一番人気の「夏」です」って案内のオネエサンが言ってたけど、他の3つでも「一番人気です」って言ってんじゃないのぉ?って思っちゃうのはワタシの根性がひねくれてるだけ?(笑)

P1020447.JPG
江戸名物「切子」が埋め込まれてます

P1020448.JPG
花火のイメージ?

P1020449.JPG
350メートルが終点

高速なのに、耳があんまり変な感じにならないなーっと思っているうちにもう到着(50秒)

 
5時の予約で行ったのですが、ちょうど真っ赤な夕焼け空で絶好のタイミングでした(グッジョブ!Tちゃん!)


赤富士がすごくきれいなんだけど、人だかりでなかなか窓際に行けない...


P1020469.JPG
赤富士行列

こんなに大勢の人が同じ方向に集まっちゃったら、ツリーが傾いちゃうんじゃないかと思ったら、ちょっとちびりそうになりました

P1020453.JPG
やっと撮れた富士山
なんか写真だと不気味だなぁ...
もっとロマンチックで綺麗な赤富士だったのに、人混みをかき分けているうちに日が暮れてしまった...[バッド(下向き矢印)]

P1020454.JPG
東京タワーを見下ろす


P1020460.JPG
昔はこんなだったのね

さらに千円払うとエレベーターで地上450メートルにある「展望回廊」という特別展望室にいけるそうです(もちろん行かなかったけど)

私達は三層になっている展望デッキを降りていきました


P1020470.JPG
もう外は真っ暗

 
P1020468.JPG
きれいだねー


P1020473.JPG
ガラス床
あらやだ、下からパ〇ツまる見えかしら?

そろそろ、地上に降りますか?ってことになったんだけど降りるのにもまた長蛇の列...

P1020476.JPG
帰りのエレベーターは秋のイメージの「祭」

 
P1020475.JPG
お神輿の鳳凰ってことかな?

 
P1020480.JPG
外の広場ではクリスマスマーケットが出店していました

 
P1020482.JPG
アルコールのお店が多い気がする

P1020481.JPG
サンタも酔いどれてるし

後で知ったのですが、クリスマスシーズンは日替わりで特別なライトアップをしていて、この日の照明もいつもの雅とは違い、冬らしい演出として雅のゴールドを白銀に衣替えした冬限定の〝冬雅″(HPより)だったようです

 
P1020478.JPG
で、この日は「冬雅ふゆみやび」だったのね

あと、4種類の限定ライトアップも見に来たくなっちゃった[ぴかぴか(新しい)]

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

沖縄旅行記 最終回 - 石垣島観光② - [OKINAWA]

ホテル.jpg

石垣島で2日間お世話になったホテルをチェックアウト

ホテルからのフェリー乗り場.jpg
フェリー乗り場が近くてホントに便利でした

 

17時の便で東京に帰るので、それまで今日はどこに行こうか?

前日Yさんに「竹富島まで10分で行けちゃうから、牛車に乗ってくれば?」ってアドバイスしていただいたのですが、3日間レンタカー借りてたのに、ほとんど使わないで返却するのももったいないので、今日は石垣島をドライブすることにしました



 今回の旅は島だから当たり前なんですケド、『端っこ』観光が多いです(笑)

この旅ラストの端っこは「石垣島の最北端・平久保灯台」

ここは2日前に行った玉取崎展望台から見えた半島の先端です

平久保灯台.jpg

 ザ・ラスト・端っこ


島内にいくつか点在する鍾乳洞のひとつに行きました
鍾乳洞入口.jpg
 竜宮城みたいな入口を入ると

ヤシガニ.jpg
 ヤシガニがお出迎え


ケース.jpg
さらにヤシガニのケースの上には、オオゴマダラのさなぎが!

オオゴマダラとは...
前翅長7cm前後、開長は13cmにおよび、日本のチョウとしては最大級である。翅は白地に黒い放射状の筋と斑点がある。ゆっくりと羽ばたきフワフワと滑空するような飛び方をする。蛹が金色になることも知られている(Wikiより)


西表島でジャングルクルーズした時も、一生懸命探したんだけど見つからなかったから、やっと実物が見られてすごくうれしい[わーい(嬉しい顔)]

 
 
さなぎ.jpg
金色だ~

羽化したて.jpg
 羽化したてのホヤホヤちゃん


網で仕切られた窓の外で、オオゴマダラがひらひらふわふわ優雅に飛んでいました


ちょうちょ.jpg
やっと止まっているところが撮れた...


おっと、入口で満足して帰るとこだったよ...


鍾乳洞みなきゃ[あせあせ(飛び散る汗)]
鍾乳洞1.jpg
内部は結構広くて迫力があります


ところどころにライトアップした鍾乳洞があって綺麗です


 
goodライトアップ.jpg
ライトで照らされると、より神秘的[ぴかぴか(新しい)]


badライトアップ.jpg
でも、このイルミネーションは...うーん...


鍾乳洞2.jpg
お気に入りショット



あっと言う間の3泊4日でしたが、ものすんごく濃いぃ4日間でした(笑)

今まで沖縄本土にしか行ったことがなかったので、今回の離島の旅は新鮮で楽しかったです
はぁ~、また来年も行きたいなぁ[リゾート]

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。