So-net無料ブログ作成
Scandinavia ブログトップ
前の10件 | -

北欧旅行記⑫ - コペンハーゲン観光 最終回 - [Scandinavia]

P1020393.JPG

バスを降りた広場のあたりまでもどってきました

P1020394.JPG

石畳=ヨーロッパってかんじだよねー

石畳と言えば昔、パリのシャンゼリゼ通りでねん挫しました

あちらの薬局で「足を挫いたので湿布ください」って一所懸命ジェスチャー交じりで説明したら、大きな絆創膏をだされました...

海外では湿布って知らないし、売ってないんですね。

って、また話がそれました。戻します。

P1020395.JPG

ストロイエにきました

ストロイエは、コペンハーゲン市庁舎前広場とコンゲンス・ニュートーゥ広場間の約1.5km続くショッピング・ストリートです
ブランドショップやカフェ、レストランが軒を連ねていて、歩行者天国発祥の地だそうです

P1020398.JPG

ギネスミュージアム前にいた世界一背が高い男


P1020420.JPG

デンマークといえば「LEGO」!

P1020406.JPG

どのお店のディスプレイも凝っていて、ウィンドーショッピングだけでも十分楽しいです

P1020411.JPG
そしてここが「ロイヤルコペンハーゲン」の本店

 
P1020412.JPG
せっかくだから入っちゃう?


P1020415.JPG
店内のディスプレイもみんなカワイイ

P1020418.JPG
階段さえも絵になる...

今回の旅行では、物価が高くてほとんどお買い物をしていなかたのですが、ここに来てとうとうリミットが外れてしまいました...

P1020530.JPG
紙袋まで可愛いのー[るんるん]

全部自分用なのに「ギフト用ですか?」と聞かれると、ついつい「yes」と言ってしまう小市民なワタシ

私にワタシからプレゼントなのよ!(意味不明)

 
P1020531.JPG
つぶらな瞳で見あげられちゃうと買わずにはいられなかった白クマキャンドル


P1020532.JPG
これでお酒を飲んだら美味しそうだなーと思って^^


P1020536.JPG
勢いで買っちゃった、クリスマス記念マグ
早速ぽじくんが狙っている...
割られないようにしなくちゃ!

 
はー!お買い物してすっきりしたところで、そろそろホテルに戻りましょうか

P1020427.JPG
市庁舎脇に佇むアンデルセンの像

P1020426.JPG
みんなこんなカンジでお膝に乗ったりするからか、アンデルセンさんの膝っ小僧はテカテカのピッカピカです


P1020443.JPG
コペンハーゲン空港から一路成田まで
帰りは予定通りの飛行機で無事帰ることができました[飛行機]



結局オーロラは見られなかったけわけだど、これはまた来いってことかな?
リベンジ...しようかな?
その前に、運気を上げる方法を編み出す方が先かも?



 

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

北欧旅行記⑪ - コペンハーゲン観光 その二 - [Scandinavia]

P1020347.JPG
さて、人魚姫をたっぷり堪能したので、バスで中心街へ移動しましょー

 
a.jpg
黄色い市バスもやっぱりイスはゆったりめ

P1020355.JPG
バスを降りたら目の前にお城のような建物がありました
デンマーク最大のデパート「マガジン・デュ・ノルド」です
中には入らず、前の通りを目的地に向かってずんずん歩いていきます

P1020368.JPG
ニューハウンに到着
ニューハウンは、コペンハーゲンを網の目のように通う運河に作られた港です
 
P1020376.JPG
運河沿いに建つカラフルなおうちが可愛いねー[かわいい]

 
P1020377.JPG
 ひゃ~!このカワイイ景色の住人になりたーい!


P1020363.JPG
ここでもクリスマスマーケットをやってます


P1020369.JPG
ほとんどの建物の1階部分はオシャレなカフェやレストランになっています


P1020370.JPG
まだ午前中なので、どのお店も準備中
それぞれのお店が、こぞってロマンチックなクリスマスを演出していて楽しい

P1020373.JPG
お店の向かい側はクリスマスのお店がずらりと並んでいます

夜はもっと華やかで綺麗なんだろうなー
昨夜のチボリ公園とはまた違った雰囲気なんだろうなー

あぁ、今日帰るんだよなー...[もうやだ~(悲しい顔)]

なーんて、しょぼくれてもしょうがないので次行きましょー!





nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

北欧旅行記⑩ - コペンハーゲン観光 その一 - [Scandinavia]

北欧旅行最終日

15時過ぎのフライトなので、午前中はまだまだ観光できまっせ!

ということで、世界三大がっかりの一つ「人魚姫の像」へ行ってみよう!

前夜、添乗員さんから「人魚姫の像を見たい方は明朝ロビーに集合してください、電車の乗り方等も含めてご案内させていただきます」ということだったので、がんばって早起きしてロビーに行ってみたらほぼ全員集合してました[わーい(嬉しい顔)]

P1020296.JPG

ロビーも吹き抜けでシャレオツなホテルでした

ホントは添乗員さんが引率することになっている旅行日程表以外のことで添乗員さんが同行することは、会社から禁止されているのだそうです

ただ、今回のツアーでは出発当日の欠航騒ぎから始まって、ロストバゲージ(実はトロムソ到着時、当の添乗員さんを含む2人分の荷物がロストして翌日届きました)、肝心のオーロラをお見せすることができなかったこと等をひどく気に病んでいた添乗員さんのご厚意で案内してくれることになりました(って、こんなこと書くのもまずいかな?)

 さあさあ、みんなで駅まで歩きましょう[るんるん]

P1020300.JPG

あたりまえだけど、そこらじゅうがヨーロッパな街並み

P1020301.JPG

券売機でチケットを買いましょう

みんなで乗るから回数券がお得

P1020302.JPG

改札はないので、チケットを打刻します

市バスとデンマーク国鉄DSBが運行する近郊列車のエストー、地下鉄のチケットは共通で料金はゾーン制です。市内はほぼ2ゾーンでカバーできます。また、デンマーク国鉄DSBの普通列車もゾーン内なら利用可。
時間内なら乗り換えが可能なチケットは、ゾーンによって有効時間が異なるので注意。1~3ゾーンは1時間、4~6ゾーンは1時間30分、その他は2時間と決まっています

P1020304.JPG
自転車ごとホームに?


P1020311.JPG

自転車ごと乗りこみOKなのです

コペンハーゲンは「世界一の自転車シティ」をめざしているそうで、自転車専用道路も整備されています

その専用道路をものすごい速さで走り抜けていく自転車

かなりキケンです

添乗員さんにも、決して自転車専用道路を歩かないようにときつく言われました

かなりのスピードが出ているので、もしぶつかったりしたらヤバいことになりそうです

いや、なる!だって、こちらのガタイの良い方々があのスピードで自転車漕いだら、凶器だよ!

そして、うっかり観光客が自転車専用道路を歩いたら、えらい剣幕で怒鳴られます(ました..[がく~(落胆した顔)]

おっと、話を元に戻します

P1020306.JPG

車内はかなり広々、イスも大きくてゆったり

自転車も乗せるし、こっちの人は大きいからねー

P1020315.JPG
目的のOsterprt駅に到着~

 
P1020317.JPG

カステレット要塞を横目に見ながらの散策

P1020336.JPG

要塞なだけに砲台もあり

P1020324.JPG

この国は鳩もでかいなぁ

P1020321.JPG

お、川に出たってことはそろそろかな?

P1020328.JPG
 人魚姫いたー
って、あれ?足があるよ

 
P1020322.JPG
最初から期待していなかったからか、それほど「がっかり」でもなく、早朝でまだ私たち以外の観光客に囲まれていないお姫様の朝日を浴びて静かに佇む姿は、神々しくさえ見えました

P1020323.JPG
 ただ、背景が工場地帯って言うのが...
人魚像というよりも、設置場所が悪いんだよね?
帰ってから「がっかり」の理由てのを調べたらやはり「立地の悪さと像の小ささ」でした

 
P1020332.JPG
意外と猫背なところも、この境遇の哀しさを醸し出しているような、いないような...

P1020330.JPG
記念に1枚
うん...確かに小さい像だけどね...でも君が悪いわけじゃないよ!

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

北欧旅行記⑨ - ノルウェーからデンマークへ - [Scandinavia]

うわっ!もう9月じゃん!

あとちょっとで1年経っちゃうよ[たらーっ(汗)]

すんません、もうしばらくお付き合いください...


 

オーロラツアーから帰ってきてもホントに見られなかったという現実がけっこうショックだったようで、目が冴えちゃってなかなか寝付けず、3時過ぎまでホテルの窓から空を観察しましたが、結局オーロラ様は現れてはくださいませんでした[バッド(下向き矢印)]

そして翌朝

P1020200.JPG
美しい満月も今朝はなんだか恨めしい...

P1020207.JPG
魅惑のピンクスカイとも今日でお別れ

P1020210.JPG
今日はデンマークのコペンハーゲンへ移動します

寝不足でぼーっとしたまま、刻々と変化する空の色を眺めていたら、お腹がすいてきたので食堂へ

P1020199.JPG
おっ、今日からツリーが登場したのね


P1020194.JPG
種類も充実

コペンハーゲンのホテルも朝食付きだったのですが、どちらも美味しかったです


P1020198.JPG
 
さすが北欧?ハムやチーズ類も豊富です
手前の茶色い山羊のチーズがお気に入り[るんるん]


P1020215.JPG
トロムソ空港
オスロで乗り換えてコペンハーゲンへ向かいます

P1020221.JPG
ばいばいノルウェー[手(パー)]


P1020224.JPG
上空から見たフィヨルド
スカンディナビア半島といえばフィヨルドが有名です
フィヨルドとは、氷河によって数万年もかけてガリガリ、ゴリゴリと底にある地面を深く鋭く削り取り、深い谷を形作ってできた複雑な地形の湾や入り江のことです
ちょうどオーロラツアーの結果があんなことになるとは夢にも思っていなかった昨日の昼間、「次回は夏の北欧も良いねぇ、船でフィヨルドをまわるツアーとか乗馬のツアーも良いらしいよー[かわいい]」なーんてお気楽なハナシをしていたんだよねー
今となっては、ひゃ~!恥ずかしい~っ[ふらふら]

P1020231.JPG
 コペンハーゲン上空 もう真っ暗

 

P1020437.JPG
コペンハーゲンアイランドホテルに到着(昼間撮った写真)
駅から少々離れているけど、運河沿いに建つオシャレなホテルでした

荷物を置いたらロビーに集合!歩いてチボリ公園へ行きましょう! 

P1020243.JPG

せっかくクリスマスシーズンにコペンハーゲンに来たんだから、チボリ公園のクリスマスマーケットに行かないと!
って添乗員さんに言われるくらい有名らしいです

すんません、オーロラのこと以外まったく予習してませんでした

P1020252.JPG
ザ・メルヘン!

P1020263.JPG
いろんな国のイメージの建物があって

P1020283.JPG
それぞれ素敵なイルミネーションで飾られています


 
P1020247.JPG
道の両脇にはたくさんの出店が並んでいます

出店といっても、日本の縁日みたいな屋台ではなく、小さくて可愛らしい小屋にクリスマス用品や食べ物が売られています
P1020289.JPG
どのお店にも人だかり

 
P1020264.JPG
綺麗なオーナメントがいっぱい
もう全部欲しい~!


P1020268.JPG
絵本の中にでてきそうなお菓子屋さん
こりゃ、キッズのハートをワシヅカミなディスプレイですな!


P1020266.JPG
おいしそうなアーチ
 
P1020260.JPG
遊戯施設も充実してます

 
P1020274.JPG
オーソドックスなメルヘン系から


P1020261.JPG
絶叫系まで

目移りするほどの屋台にお菓子に遊園地
もう、子供の夢がすべて実現された場所だよなー
この暗闇とイルミネーションが益々現実感を喪失させて、絵本の世界に踏み込んじゃったような気分になっちゃいます
もし私が小さい頃にここに来てたら、ぜったい次の日に知恵熱出してたね!

P1020286.JPG

あのアンデルセンも、チボリ公園にしばしば足を運んで、童話の構想を練ったと言われてるそうです
うーん、さもありなん!

nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

北欧旅行記⑧ - 今夜がラストチャンス その二 - [Scandinavia]

ホテルから送迎車で3~40分くらいだったかな

P1020177.JPG
おとぎ話に出てきそう[ぴかぴか(新しい)]
この可愛いテント(コテージ?)の中の一つに案内されて説明&軽食

P1020154.JPG
 説明してくれてる案内のお兄さん
呪いをかける暗黒魔術師みたいな写真になっちゃった...
説明は...
1:オーロラ発生現象についての解説

2:食事はソーセージを各自囲炉裏で焼いて、トルティーヤの生地に巻いて食べてね。飲み物はポットにコーヒー、紅茶が入ってるから自由に飲んでね

3:オーロラ観賞中、寒くなったらここにきてテキトーに暖まってね

みたいなことを言ってた気がします


P1020180.JPG
 まずは腹ごしらえ
串刺しにしたソーセージを焼いてトルティーヤ食べよう!

 
トナカイの毛皮が敷き詰められたイスに座って、パチパチはぜる炎を眺めながら、コーヒーを飲む...

う~ん...なかなかステキ[るんるん]

ロンドンからいらっしゃった一人旅の女性も同じテントでした

曇り空の日が多いロンドン育ちなので、小さいころから星空やオーロラに憧れていたそうです

しばらくするとまた案内のお兄さんがやってきて「犬ぞり用の犬見たい?」とのこと

はい!もちろん見たいです!

ロンドンっ子はあまり興味がないそうです

P1020158.JPG
ずら~っと犬小屋

前面が女子犬オンリー、奥が男子犬オンリーと分けて飼育しています

P1020157.JPG
遠吠えしてる子


P1020161.JPG
わんこに 襲われ じゃれつかれるママン
みんな人懐っこいです

P1020164.JPG
幼犬用犬舎

これで生後2~3カ月 でかっ!

P1020168.JPG

我が子を見守るお母さん犬

あれ?もしかして昼間中止になった犬ぞりツアーってここですか?

「そーだよー」←案内のお兄さん

犬小屋見学ツアーって、詳しい内容は聞かなかったからわかんないけど、もしこの内容だけでお金取るとしたら、キャンセルして正解だったなー

P1020171.JPG

次は防寒具に着替えて、屋外に設置されたプロジェクターでオーラの映像集を観ましょう

もうオーロラの映像はポラリアでも見たし、いい加減リアルなのを見たいんですけど...


10~15分の映像観賞終了後、やっとオーロラを観察するのに良さげな薄暗くて開けた場所へ

P1020179.JPG

さあ、今度こそ念願のオーラ観賞ですよ

三脚用意!星空モードに設定して待つこと1分(注:星空モードで撮影すると肉眼では真っ暗な空も明るく写ります)

P1020174.JPG

まんまる満月と金星にハロがかかって綺麗ねー[ぴかぴか(新しい)]

ハロとは...

暈(かさ、halo、ハロー、ハロ、ヘイロー)。太陽や月に薄い雲がかかった際にその周囲に光の輪が現れる大気光学現象のことである。特に太陽の周りに現れたものは日暈(ひがさ、にちうん)、月の周りに現れたものは月暈(つきがさ、げつうん)という。虹のようにも見えることから白虹(はっこう、しろにじ)ともいう(Wikiより)


って、ハロが出てるってことは、オーロラ見えないんじゃないの?!

なんだかイヤ~な予感が...

P1020182.JPG

こっちの空は?...写ってなーい...
ちなみに、手前の四角い赤い箱はお風呂です

バスタブに浸かりながら、オーロラも見られるってことらしいです

P1020184.JPG

陸の部分はライトとかイイ感じに撮れてるのに...

肝心なモノが空に見えましぇーん

だんだん不安になってきた...

P1020187.JPG

こまめに休憩

雪が少ないとはいえ、持参のホカロンをあちこちに貼っていても数分外にいるだけで凍えてきます

P1020186.JPG

雲~、どっか行って~ 

この時ロンドンっ子が「あ!流れ星! ラッキーだったわ~」

え?どこどこどこ?

いいなー!ワタシ、流れ星もプラネタリウムでしか見たことないのに~!

そうこうしてるうちに案内のお兄さんが申し訳なさそうにやってきました

「大変申し訳ないんだけど、そろそろ帰る時間だから...今日はこのままいても見られないと思うし...」

うそ...マジで?[がく~(落胆した顔)]

ちょうど今日の昼間、次回は夏の北欧にも来てみたいねー

フィヨルドクルーズとかもいいねー

なーんて、今晩のオーラは鑑賞済み前提で、のほほ~んと話してた私達...

ワタシの運の無さを甘く見てました...[もうやだ~(悲しい顔)]

うわ~ん[あせあせ(飛び散る汗)]

こうなったら、日本に帰ったらネタにするしかないです

「今年は観測率98%の当たり年だって言うから、ノルウェーまでオーロラを見に行ったよ!

で、2%の確率でみられなかったよ!!ハッハ~!」

む...むなしい...[バッド(下向き矢印)]


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

北欧旅行記⑦ - 今夜がラストチャンス その一 - [Scandinavia]

トロムソ滞在最終日

すなわち、オーロラもラストチャンスです

P1020129.JPG

AM7:30

もう朝なのに、まだ満月と夜景(朝景?)が綺麗

本日の予定は、昼間「犬ぞりツアー」夜は待望の「オーロラウォッチングツアー」

P1020130.JPG

 AM10:30

ピンク色の朝焼けだよ~[かわいい]

ピンクの空を眺めてると、今日一日、なんだかいいことがありそうな予感がしてきましたよ[グッド(上向き矢印)]

こんなに綺麗な空だったら、今夜こそ見えるでしょ?ね?ね?ね?

朝食時に、前日「オーロラウォッチングツアー」に参加したご夫婦とお話しました

昨夜はやはり、オーロラは見られなかったそうです

ツアーの案内人の方は「今日は薄い雲がでていて見られなかったけど、明日(つまり今夜)なら90%以上の確率で見えると思うよ」と言っていたそうです

ご夫婦も「今日は良い天気になりそうだから、きっと見られますよ!」と応援してくださいました

と、そこに添乗員のO嬢が...

「nori様、午前中の「犬ぞりツアー」なのですが、

雪不足の為、不催行になりました...

替わりに犬舎の見学ツアーへ振り替えますか?それともキャンセルされますか?」

え”~~っ!ゆ、雪不足ぅ~?![がく~(落胆した顔)]

そうなんです、たしかに市内観光中も、人が立ち入らないようなところは白くなっていたけど、雪で足元が大変だったってことはなかったです(まだ11月末だったからかなー?)

ないんだ?雪

山ん中も...

お金払ってまで犬小屋見てもしょうがないので犬ぞりツアーはキャンセルしました

あわてて、ロビーに置いてある観光案内やパンフレットをあさっていたら

P1020523.JPG
北極圏動物園?
なにここ?面白そう[かわいい]
色々な動物と直接触れ合えるみたいです

 
P1020524.JPG
特にワタシが注目したアトラクション

オオカミさんがほっぺをぺろぺろしてくれるんですってよ!おくさん!


ぎゃー!ここ行きたい!むしろ犬ぞりよりこっちのほうが面白そう!!

添乗員Oさん!犬ぞりダメなら、ここに行きたいですっ!

フロントのお姉さんに確認してくれたO嬢曰く

トロムソから車で数時間の場所にあるので、オーロラツアーの方に間に合わないかもしれないとのこと

むむ~っ!残念っ![ふらふら]

 
市内観光は昨日でだいたい見ちゃったし、ホテルから市内バスで中心街に出るのも面倒だから、ホテルの目の前にあるショッピングセンターで過ごすことにしました
P1020144.JPG
Jekta Storsenter
11月にオープンした出来たてホヤホヤの巨大ショッピングセンター
かなり広そうなので、ここで時間つぶせるかな?

 
P1020146.JPG
回転すし発見!


 
P1020145.JPG
人が握ってるのか、ロボットなのかは不明

服や靴はみんな大きすぎてダメでしたが(しかも衣類は税率が高い)、かわいい雑貨屋さんもたくさんあって、見てるだけでも楽しい[るんるん]

あ、これ日本のf〇anfranとかで見たことある!ってゆーのもたまにあり

バイヤーさん達はこういうところで見つけてくるのかな?


ぐる~っと一回りしていささか疲れたので、ベンチに座って目の前を通り過ぎる現地の人々をぼけ~っと観察...

この数日の滞在で思ってたことだけど、こちらの方々はホント

老若男女問わず美しいっ![ぴかぴか(新しい)]

なんでこんなに長身、スレンダー、目鼻立ちくっきりの美系だらけなの?!

 
赤ちゃんもキッズも美少女、美少年!


こんだけ周りが整った人ばっかりの環境だったら逆に、背がちっこくて顔ものっぺりなニホンジンを可愛いと思ってくださる珍種好きがいるかもしれない?


誰か~...そんな奇特な殿方知りませんかー?



と、叫びたい衝動に駆られたけど、ぼそっと日本語でつぶやくだけにとどめる...

 
P1020152.JPG
13:30
今日は一日中ピンクな空でした

さて、一度ホテルに戻ってオーロラツアーの準備をしますか...

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

北欧旅行記⑥ - トロムソ市内観光 その三 - [Scandinavia]

P1020088.JPG
街はすっかりクリスマスムードです
この暗さでまだ午後の2時

P1020083.JPG
この道がトロムソで一番古い通りなのだそうです

P1020086.JPG
可愛いお花屋さん




トロムソ中心街から10分ほどの外れに北極圏水族館(ポラリア)があります
が、簡単な道のハズなのに迷子になるのがワタシら母娘...

P1020090.JPG
北極圏水族館(POLARIA)
四角い箱がドミノ倒しみたくなっているのは、流氷をイメージしているそうです

あれ?北極教会の外壁もそんなこと言ってなかったっけ?


ここのメインイベントは5面の巨大スクリーンを使った「ポラリアパノラマ」とアザラシの餌付けです

「あと数分で、ポラリアパノラマがはじまりますよ」と館内のお姉さんが教えてくれたので、まずはそちらへ

上映内容はスヴァルバール諸島の自然を紹介する映像など何種類かあるようですが、時節柄か、私達の観た回はオーロラ発生の仕組みの解説や様々な色や形のオーロラの映像集でした

ほぼ貸切状態でど真ん中の席で大画面を見たからか、軽い船酔い状態になりながら館内を見学

P1020092.JPG
”極地歩き”のセクション
人が近づくと吹雪の音や風が吹く(しょぼい...)

 
P1020091.JPG
この白クマは写真に撮った方がリアルだなぁ(動きません)


北海の魚コーナー
P1020098.JPG
オオカミウオ
コワカワイイ[かわいい]


P1020102.JPG
これはオヒョウかな?
でっかいカレイ


P1020104.JPG
地味だけどなんか愛嬌がある冷たい海のお魚達
ノルウェー沿岸から北極圏の海の生態を展示しているので、熱帯魚のようなカラフルなお魚さんは一匹もいません

餌付けショーは一日2回しかやらないので、事前に時間を調べてから言った方がいいとは聞いていたけど、やっぱりもう終わってました[たらーっ(汗)]
P1020105.JPG
もうおなかいっぱいなのね?


P1020109.JPG

日本のテレビ局が取材に来た時に女性レポーターが名付けたそうデス


P1020116.JPG
水族館から出たらさらに真っ暗
しつこいようですが、これで午後3時デス
もはや夕景を通りこして夜景[三日月]

 
ビール党じゃないので、午前中のガイドさんの話をちゃんと聞いていなかったのですが、世界最北のビール醸造所「マックビール醸造所」はポラリアのすぐ近くにあります。てか、ありました
ちょうどこの年の6月にトロムソ郊外に工場ごとお引っ越ししてしまったんですって

でも旧工場に併設されたパブはまだ営業していました

P1020113.JPG
 このでっかいタンクにビールがいっぱい入ってるのかな?

 
暗闇の中に見える大きな元ビール工場は、古いレンガ造りで趣のある建物でした(写真撮り忘れた...)

 
P1020126.JPG
一応お土産に買ってみた


さらに街歩をしていて思ったのですが、こちらの方々はホント、灯りの使い方がうまいですよね
お店の入口には必ずといっていいほど、灯りがともっています
クリスマスシーズンだから?冬場だけ?

P1020123.JPG
ランタン型が多かったかな

P1020122.JPG
シンプルなキャンドル


P1020119.JPG
置いてあるだけでオシャレだなー

帰りはホテルまで市バスに乗って帰ったのですが、道中に見えるおうちの窓辺は、ステキなキャンドルやライトが灯っていました

日本で見るような電飾のデコレーションじゃなくて、もっとシンプル、でもすごくセンス良く知的に感じます

不思議なのは、窓辺の奥に見えるおうちの中はスッキリなんにも見当たらないのです

壁にさえカレンダーとかポスターとかペナントとか貼られてない!
日本でも北欧ブームで、北欧=オシャレな雑貨みたいなイメージがあるのですが、実際、トロムソの街のお店にもたくさんカワイイ雑貨が売っているのに、こちらの方のおうちの中は、さっぱりおしゃれにシンプルライフ
 
それとも外から見える部屋には何も置いていないケド、その他のお部屋はごちゃ~っと雑貨であふれかえっているのかしら?
たくさんある雑貨の中から厳選したものしか買わない飾らないってことなんだろうけど
たぶん先祖代々DNAに脈々と受け継がれている北欧センス...(なんだそりゃ)
見習いたいです

ガラクタだらけの私の部屋を...同じようにできるか?捨てられるか?......ムリ~...[バッド(下向き矢印)]



今回泊まったホテルは、ホテルからでもオーロラが見られるっていうのがウリだそうなので、部屋に帰って、ラーメン食べてから、カメラと懐中電灯を持ってホテルの周りをまわってみました

P1020148.JPG

スカンディックホテル・トロムソ
昼間撮った写真

このツアーは、ここかトロムソ中心街にあるホテル(たぶんお昼を食べたところの正面というか、レストランもそのホテルの経営だと思う)のどちらかだったようです


空港からは貸切送迎バスで5分くらいでつきましたが、今日行った中心街まで行くには市バスで2~30分かかります


すぐ正面には大きなショッピングモールがあるし、空港も近いし、ホントに見えるのかな?

周りが暗くなっているところを探して、空を見上げてみる


うーん...肉眼ではなんにも見えないけど...薄く雲がかかってるような...?

念のため雪道に三脚を立てて、星空モードで何枚か空をとってみたけど、グレーの空(星空モードだと肉眼で見るより少し明るく映るみたい)ばかり...


今日もダメってことは、明日がラストチャンスだよ...?


だ、大丈夫だよね?だって、なんてったって今年は98%の高確率の年だよ!?

明日こそ見られるよね?ね?ね?


 

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

北欧旅行記⑤ - トロムソ市内観光 その二 - [Scandinavia]

P1020002.JPG
1837年から波止場にある北極圏博物館(Polarmuseet)


P1020072.JPG
北極狩猟や北極探検の拠点としてのトロムソの歴史を展示しています

P1020071.JPG
捕鯨砲(火薬で銛を発射)
ノルウェー人が発明したそうです

P1010999.JPG
ミサイルみたい


P1020004.JPG
当時の狩猟風景
本物のヒトかと思ったくらいリアルな方々


P1020014.JPG
つっかえ棒が倒れると石の乗った木枠が落ちてくるワナ
仕掛けが単純すぎやしませんか...?


P1020041.JPG
白クマくんが箱のそばに近づいて...「おや?なにかな?」

P1020043.JPG
「あっ!食べ物だ!」

P1020044.JPG

2のエサを白くまくんが取ろうとすると→3のヒモが引っ張られ→1の銃の引き金が...ズドンッ!!
って、ホントにこんなので捕まえられるのかなぁ...?


P1020027.JPG
探検家ロアール・アムンセン
1911年12月14日に探検隊を率いて人類史上初めて南極点への到達に成功。また、1926年には飛行船で北極点へ到達し、同行者のオスカー・ウィスチングと共に人類史上初めて両極点への到達を果たした人物
トロムソから北極へと飛行して帰らぬ人となっており、彼に関する展示も多いです

P1020028.JPG
極地仕様に進化した眉毛...?(ウソ)


P1020030.JPG
当時はあまりあったかそうな装備じゃなかったんだね


P1020033.JPG
1911年12月14日人類初の南極点到達を果たした時の犬ぞりで使ったイヌの剥製
他の剥製と違ってなんかやたら顔が怖いよ...

P1020047.JPG
 館内案内パンフレットの表紙も飾っていたちび白くまちゃん

立派なカメラで写真を撮っているおじいちゃんがいました

邪魔にならないようによけようとしたら「いやいや、そのままそこに居てください」と言われ、アザラシの剥製とかと一緒にフレームイン
おじいちゃんにとっては、セイウチの骨格標本もアジア人も一緒くたに珍品なのかな?

スウェーデンからいらしたおじいちゃん、何をしにこちらに来たのか聞かれたので「オーロラを見に来ました」と言ったら「あぁ、ワタシもそうですー、3日前に一度見ることができましたよ。ラッキーでしたー」
とのこと

3日前といったら、私たちがこちらに来る前日かな?

「ラッキー」って、今年はしょっちゅう見れるんじゃないの?

ちょっと不安になってきたぞ...

P1020058.JPG
 ギフトショップで売っていたステキなアザラシの毛皮のコート
高い...


P1020061.JPG
オメガ3
北欧の冬は太陽の光を浴びることが少ないので、ビタミンが不足しがちになり、髪が抜けたり、時には鬱状態になることもあるので、常備薬としてどの家庭にも置いてあるそうです


P1020062.JPG
売ってたポスター
こんなのが見られるのかなぁ...わくわく[グッド(上向き矢印)]


市内観光には、昼食も含まれていました

P1020082.JPG
なかなかオシャレなレストラン


P1020079.JPG

まずはやっぱりサーモンですね!

P1020080.JPG

タラのなんとかかんとか(笑)

P1020081.JPG
イチゴのムース

ここが今回の旅行で唯一行ったレストランです

朝食はホテルのビュッフェがあったし、夕食は日本から持ってきたラーメンを食べてました
日本に帰ってきて「向こうで何食べたの?」ってよく聞かれるのですが「えーっと...1日目はラ王でー、2日目はもやしラーメンでしょ?んでもって3日目はー...」なんて言うとみんな一様に呆れてました(笑)

食後は各自で自由行動

私達は市街地をぶらぶらしながら、水族館へ向かいました

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

北欧旅行記④ - トロムソ市内観光 その一 - [Scandinavia]

2日目の午前中はツアーにもともと付いてたトロムソ観光

P1010957.JPG
ホテルの部屋より(朝8時頃)
11月下旬から1月中旬までの北欧は「極夜」といって、日照時間がとても少ないって聞いてはいたけど、ホントになかなか明るくならない

10時頃に貸切バスでホテルを出発

現地在住の日本人ガイドさんが、案内してくれました

トロムソはほぼ北緯70度の北極圏、さらにオーロラベルトに位置する都市ですが、かつては北極探検に向かう冒険形の拠点として、今では世界最北の大学と1万人の学生を擁する街として栄えています。

北極圏に入って350 kmほどの所にある小さなトロムス島(Tromsøya)を中心とし、西側の島々と東側の本土とを合わせた地域を管轄する自治体(Kommune)である。自治体としてはKarlsøy(北東)・Lyngen(東)・Storfjord(南東)・Balsfjord(南)と接しており海を挟んでLenvik(南西)に面している。(Wikiより)

まずは、トロムソ大学の広大な敷地内に(勝手に入って?)対岸の絶景を見る!
P1010965.JPG
 トロムソ橋(1016m)
 トロムソ橋を渡ってすぐのところに北極教会(トロムスダーレン教会)が見えます

P1020075.JPG
山頂からトロムソや周囲の島々の絶景が一望できるそうです(生憎、この日は運休日でした)


P1010975.JPG
 キャンパスにあった鳥の巣マンション
この木だけに集中してるのはナゼなのかしら...?

P1010976.JPG
たぶん小学校
シルバニ〇ファミリーのおうちみたいで可愛い[かわいい]

P1010981.JPG
 トロムソ橋を渡って対岸へ

 
P1010979.JPG
北極の自然をモチーフに1965年建立された「北極海の聖堂」と呼ばれる教会
ステンドグラスが有名なのですが、冬季は16時開館で中には入れず...

P1010986.JPG
横から見た教会
 白くて四角い連なりは、流氷をイメージしているのだそうです

P1010983.JPG
教会側から見た市内中心部 
 港町ってかんじだねー

 
P1010978.JPG
トロムソ大学キャンパスのそばにあるスキージャンプ台

P1010988.JPG
再び橋を渡って中心街へ

P1010977.JPG
1861年に建てられた世界最北の聖堂。ノルウェーで唯一木造の大聖堂

P1010992.JPG
 観光案内所で買えます
左がオーロラ観測証明書、右が北極圏到達証明書
 日付と名前を入れてくれます
が、オーロラまだ見てないのに買ったらダメじゃんと思って買わない正直者なワタシ

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

北欧旅行記③ -アクシデントも旅行の妙味- [Scandinavia]

今日の予定はスカンジナビア航空で成田12:30→コペンハーゲン→オスロ→トロムソ21:40へ向かいます

ちょっと早目に集合場所へ行くと、同じツアーの方達がすでに集まっていました

若い女性の添乗員さんは、挨拶もそこそこになんだか焦っている様子

なんと、私達の乗るはずだった飛行機が、機材故障のために欠航してしまったのだそうです[がく~(落胆した顔)]

急遽スイス航空に振替えになったのですが、もう搭乗手続きが始まっているんですって!

でもまだ連絡が取れない方がいるそうで、そりゃぁ添乗員さんもやきもきしますわな

数分後に全員集合、ざっと状況説明したあとは走る!

とにかく走る[ダッシュ(走り出すさま)]

あぁ~..唯一楽しみにしていた免税店が通りすぎていく~[もうやだ~(悲しい顔)]

座席はバラバラな配置 ま、しょーがないよね

私の隣に座った若い女性は、スイスからイタリア、フランスへ一人旅するのだそうです

うわー、行動力あるねー あこがれちゃうけどワタシは無理だなー

え?ワタシですか?オーロラ見に行くんですー

今年は高確率で見られるらしいから、飛行機の上からも見られたらいいですねー

なーんて、長時間フライトでも楽しく過ごせそうです[かわいい]

スイス航空は私達が乗る予定だったスカンジナビア航空よりもランクが上の航空会社だそうで、食べ物とかサービスも良いんですって

デンマークとノルウェーの他にスイスにも(空港だけだけど)行けちゃうしね

って、旅行初日からトラブルなんて嫌だなーって考えるよりも、ラッキー♪ってポジティブに考える方がいいよね

成田から十数時間、やっとスイスに到着

でも、生憎の曇り空で想像してたような「アルプスの絶景」は見られず、灰色の空と盆地が見えるだけ

お隣の女性と「成田と変わんない景色だね...」とちょっと拍子抜け

オスロ行きの乗り継ぎも急ぎ足で空港内を通過、ここからはスカンジナビア航空で約1時間半位のフライト

オスロに着いたものの、本来乗る予定だったトロムソ行きにはあとちょっとの差で乗れず[バッド(下向き矢印)]

P1010955.JPG
 オスロ空港
喉が渇いたからジュースでも買おうかと、売店に行ったら果汁が完全に沈澱しちゃってる「フレッシュジュース」が約1,000円!!
 
噂通り、物価高っ![がく~(落胆した顔)]
 
機内で出たお水持ってきてよかった~
 
それから2時間、水をちびちびやりながらぼけ~っと過ごす
 
そして24時過ぎ
 
ようやく着いたよトロムソ!
 
ホテルからもオーロラが見られるって書いてあったけど、今夜は出てない模様
 
オーロラチャンスは3回
 
あと2回チャンスはあるから、まあ大丈夫でしょう
 
とりあえず、今日はもう寝よう...[眠い(睡眠)]

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - Scandinavia ブログトップ